PET SITTER HOMESペットシッターホームズ ホームへ
必ずお読み下さい お世話の内容 営業エリア 料金のご案内 予約&登録申込み
ペットアロマテラピー ハーブテラピー アニマルセラピー ペットマッサージ 動物介護
ペットロス ティールーム お問い合わせ リンク




 最近では『ペット』は一昔前とは違って愛玩動物という意味合いから伴侶という意味合いのコンパンニオンアニマルという名前に代わっています。アメリカでは、すでに大きな動物病院で愛するペットという家族を亡くした後のペットロスケアをするカウンセラーが常駐し心のケアに当たっています。日本はその点遅れているのが現状です。たかがペットという概念があるため家族同様のペットを喪失し深い悲しみに暮れていても理解してくれる人が周りにいないために仕事に行けなくなり、うつ状態になり私の知り合いも自殺未遂までに至ってしまいました。。


自責の念

 なぜそこまで落ち込むのでしょうか。人間として弱いからでしょうか。いいえ、そうではありません。愛情が強く責任感が強いために、自分の世話の仕方が悪かったのではないか、もっと病気に早く気づいてあげれば、もっと良い治療をしてあげれば・・・そして二度とペットなんか飼いたくないと思われる方も少なくないようです。


どのように乗り越えられますか


Aまず、本当に自分を理解し気遣ってくれる友人に話を聞いてもらい慰めてもらいましょう。心がずっと楽になります。


A少しは外に目を向けられますか。であればCAPP活動のような動物介在介護のボランティアに参加してみては如何ですか。
A老人ホームや難病などの施設で戦っている方が喜んでくださる姿を見ると自分も必要とされているという気持ちから助けが得られます。


Aちょっと最初は辛いと思われるかもしれませんが新しい家族を迎えてみるのは大きな助けとなります。
Aそれもわざわざ購入しなくとも世の中には人に捨てられ虐待されて里親になってくれる方を待っているかわいい犬猫がたくさんいます。
A私の体験ですが、この中にある我が家の子達はみんな子どもの頃に虐待されたり捨てられたりしていた子達です。でも今は逆に私を癒し
Aてくれます。
A